メインの内容へ進む

幕別のくらしごと

幕別の雄大な田園風景の中にひっそりとたたずむ、ちいさなパン屋さん兼住居です。 大阪から移住されるとき、道内をあちこち探し回って決められたこの敷地には、最初数棟の木造の小屋がありました。本当は再生したかったけれど、老朽化が激しく断念しましたが、その小屋に塗られていた土を残して、野田左官さんに再生していただきました。 見えなくなっていますが、断熱材には木の繊維を採用。内装仕上げはプラスターボードを使用したくないというクライアントの強いご要望で、前面モイスを施工していただきました。 外壁の木板は、下川産のカラマツに木酢液をしみこませたものと、十勝産のカラマツ材を素地で組み合わせました。 シンプルでナチュラルな空間が十勝の素晴らしいロケーションの中に馴染んでいくのが楽しみです。

幕別のくらしごと